妖怪しがっひの日記

日々の発見や趣味のことなど。

本当の自分とは何か。「デミアン」ヘルマン・ヘッセ

こんにちは、妖怪しがっひです。

最近、生きていて思うのが、本当の自分でいることの難しさ。

生きていると、間違いなく人は、他人の影響を受けてしまう。

それが良いものであれ、悪いものであれ。

僕は、現在フリーターで生計を立てているが、それは、世間から見たら異質に見えるのかもしれない。

そしてそんな生き方は孤立してしまう。

そんな時に読んで勇気をもらえた本を紹介するよ。

その本はこちら。

 

ヘッセの「デミアン」という小説。

今回はこの本を紹介したい。

 

 

どんな本なの?

ドイツのノーベル賞受賞作家ヘルマン・ヘッセの1919年、42歳の時の作品。戦間期という時代の変わり目、それまでの価値観や世界観が内側から密かに崩れ出す予兆に満ちた社会にあって、同時に個人生活においても人生の転換期をむかえ苦悩していたヘッセは、心理学・精神分析への関心を深め、その後さらに仏教や東洋哲学へ傾倒していくが、この作品にはヘッセのたどったこのような精神的な遍歴が青年シンクレールの自己探求の物語に姿を変えて記されている。 当時の上・中層階級の欺瞞的なブルジョア的、キリスト教的な世界観は、旧弊なだけでなく、荒波のような現実世界に浮かぶ小さなあぶくの様にもろくて空しかった。ヘッセは家庭環境や社会の変動の前にいとも簡単に崩れ去った自分自身の幸福を目前にして、そのような状況に左右されるのではない、常に強く美しい「新たなる理想の青年像」を模索した。 シンクレールが自己の超自我ともみえるデミアンに導かれ、親の世代からの過去の世界観によって抑圧されていた自己を解放し、さまざまな暗示や象徴を手がかりにして無意識の世界に埋もれた「本来の自己」を発見していくプロセスは、精神分析のそれそのものである。一方そうやって見いだした「理想の青年像」は瞑想、「気」、陰陽など、東洋思想の影響を思わせ、輝くばかりの生気とパワーに溢れている。

 

 

 

 

あらすじ

ラテン語学校に通う10歳の私、シンクレールは、不良少年ににらまれまいとして言った心にもない嘘によって、不幸な事件を招いてしまう。私をその苦境から救ってくれた友人のデミアンは、明るく正しい父母の世界とは別の、私自身が漠然と憧れていた第二の暗い世界をより印象づけた。主人公シンクレールが、明暗二つの世界を揺れ動きながら、真の自己を求めていく過程を描く。

 

 

感想

「デミアン」の冒頭では、こんな一文が書かれてある。

私は、自分の中からひとりで出てこようとしたところのものを生きてみようと欲したにすぎない。なぜそれがそんなに困難だったのか。

自分自身を生きるというのは、とても難しいことなのかもしれない。

いろんな衝突もあるだろうし、孤独になりやすいだろうし、とにかくあらゆる面でタフでなければいけないと思う。

僕も大学を辞めて、自分とは何か。

をよくよく考えてみた。

自分はなぜ生きているのか。

大学を辞め、フリーターをして。それで良いのだろうか。

しかし、これは明らかに自分が欲していたことであった。

そしてそれは変化でもあった。

『鳥は卵の中からぬけ出ようと戦う。 卵は世界だ。生まれようと欲するものは、 一つの世界を破壊しなければならない』

間違っているように思えた選択。しかしそれは自分自身が求めたもの。

つまり自己を生きるということ。

生まれ出ようと欲するものは、一つの世界を破壊しなければならない。

僕にとっての世界は二つあっただろう。

普通、一般的な幸せを求める。

自己の中にある幸せを求める。

ただこの時点では自己の中にある幸せとは何か。

よくわからなかった。

僕は、普通の幸せを捨て去ることで、自己の幸せを選択したのかもしれない。

一つの世界を破壊しなければ、新たな世界は生まれ出ることはできない。

 

 

 

ほんとうの天職とは一体なんなのか。

各人にとってのほんとうの天職は、自分自身に達するというただ一事あるのみだった。

詩人として、あるいは気ちがいとして終わろうと、預言者として、あるいは犯罪者として終わろうと

それは肝要事ではなかった。

どんな職業に就くのか、どんなことをしたいのか。

そんなことは問題ではないのかもしれない。

ただ、自分自身にさえ到達できれば。

自分自身を生きるということが、本当の天職なんだと。

肝心なのは、任意な運命ではなくて、自己の運命を見いだし、それを完全にくじけずに生き抜くことだった。

ほかのことはすべて中途半端であり、逃げる試みであり、大衆の理想への退却であり、順応であり、自己の内心に対する不安であった。

自己を生き抜くのは、想像以上に孤独だ。

時には、逃げ出したくなるだろう。

大衆の理想への退却。

人は理想となる人でなければ、嫌われる。

少しでも変わっていたら仲間はずれにする。

でも誰かの理想を生きてるのって嫌じゃない?

よくよく考えてほしい。

今まで自分が選んできた選択は、自己から出てきたものなのかを。

それともただ誰かの理想を生きているだけなのか。

この世に天職があるのだとすれば、自分自身を生きること以外にない。

 

 

まとめ

いかがだっただろうか。

今回は、ヘルマン・ヘッセ著 「デミアン」を紹介してみたよ。

自分ってなんなんだろう。

と思ったら読んでほしい。

きっと何か得るものがある。

僕も、「デミアン」を読むのは2回目で、最初はよく理解できなかった。

2回目でもまだ怪しいけど‥

なので、この本はこれから何度も読んでいく一冊になるだろう。

ぜひ、読んでみてね。