妖怪しがっひの日記

日々の発見や趣味のことなど。

フリーターで一人暮らしをしてみて感じたことなど。

こんにちは、しがっひです。

僕は、最近までフリーターで一人暮らしをしていた。

そこで、感じたことなどを書いておこうと思ったので書いてみる。


 

 

フリーターの一人暮らし  

フリーターで一人暮らしをして感じたこと。

それは、なんといっても自由が多いと感じた。

まあ逆に自由が多い分、お金に対しては少しシビアに行かないといけないとも思った。

色々と節約しないといけないしね。

 

時間はあるがお金はない。

時間はある。しかし、お金はない。

そんな状態になりやすい。

もちろん、フリーターでも正社員並みに働くのであれば、そんなことはないのだと思うけど。

僕の場合は週3~4の派遣の仕事をしていたので、そこまで豊かな収入はなかった。

月に13万円ぐらいだったと思う。

 

暮らし

実際の暮らしについて。

僕は、月の生活費を7万円を切るようにしていた。

食事も自炊が中心で、できる限り安い食材などを買って食べていた。

特に、業務スーパーやドンキーホーテ、万代などの比較的安いスーパーなどを利用していた。

食費を節約するのにオススメな本

これ一冊で100種類の節約飯のレシピが見れるのでオススメ。

あと、ご飯作るのだるい時には、食パンをかじって食べていた。

f:id:nattopastabook:20190715230354j:plain

そのおかげでかなり節約はできていた。

 

将来の不安など。

フリーターである以上、将来の不安はつきものだと思う。

職が安定していないので、当たり前といえば当たり前か。

特にフリーターは年を取ってからが大変だとよく聞く。

若いうちはフリーターでいいかもしれないが、年を取ったら色々と大変になる。

具体的に何が大変になるのだろうか。

老後の資金、いつまでたっても変わらない給料、雇用の不安定さ。

まあデメリットしかない。

しかし、ブラック企業と比べるとまだましだと思う。

ブラック企業で週6日12時間労働よりか、フリーターで週3~4日勤務で暮らす方がいい。

ホワイト企業<フリーター<ブラック企業

 

 

フリーターをしつつ副業を頑張るという手もある。

フリーターをしつつ、副業をするという手もある。

フリーターは、時間を確保しやすいので色々と挑戦することができる。

何かをやりたいと思ったら、どうしても時間が必要になってくる。

そこで、フリーターの強みが活きてくる。

フリーターとして生活する収入を稼ぎつつ、副業でも収入を得ることができるようになれば、かなり生きやすくなるんじゃないかと思う。

 

 

まとめ 

今回は、フリーターで一人暮らしをしていて感じたことなどを書いてみた。

フリーターで暮らしていくには、正社員で暮らしていくよりも上手にそして合理的に生きていく力が必要になると感じた。

フリーターは基本給料が上がりにくいので、その対策に副業などを並行してやっていくといいのかもしれない。