妖怪しがっひの日記

日々の発見や趣味のことなど。

普通とは何か コンビニ人間 村田沙耶香

こんにちは、しがっひです。

本を読んだので、感想とかを書いてみようと思うよ。

今回読んだ本は、「コンビニ人間」著者は村田沙耶香

 

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)

 

 

そして「コンビ二人間」は、芥川賞を受賞している。

 

 

あらすじ

「普通」とは何か?
現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作

36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。
日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、
「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。

「いらっしゃいませー!!」
お客様がたてる音に負けじと、今日も声を張り上げる。

ある日、婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は恥ずかしい、と突きつけられるが……。

 

 

普通とはなにか?

普通とは何か。考えされられる作品だった。

主人公は、普通の人が持つべき「普通の基準」を持っていない。

普通の基準を持っている人から見るとどうしてそんなことを言うのだろう。何も感じないのだろうか。

そんな風に思われるのだ。

空気を読めないのではなく、その空気がわからない。

そんな人が主人公。

 

 

 

コンビニは強制的に正常化される場所

コンビニで初めて働いた主人公はこう言っていた。

そのとき、私は、初めて、世界の部品になることができたのだった。

今まで、世界と波長が合わなかった主人公。

しかし、コンビニのマニュアル通りに動くことで、主人公は世界とつながることができ、世界の部品になることができた。

完璧なマニュアルがあって、「定員」になることはできても、マニュアルの外ではどうすれば普通の人間になれるのか、やはりさっぱりわからないままなのだった

コンビニはマニュアルのおかげで、強制的に正常化させられる場所だ。

どんな人もコンビニのマニュアルのような人間になれる。

マニュアル通りに動けない人は、排除されてしまう。

普通の基準を持たない主人公、しかしコンビニでは、正常な人間になれる。

 

 

 

コンビニ人間として生まれ変わる。

コンビニを18年間続けていた主人公だったが、周りの人達に「いつまでフリーターをしているのか」「結婚はしないのか」というような言葉をよく言われるようになった。

主人公には、合理的に考えることしかできないので、結婚?フリーター?

それをしないと正常な人間になれないのか、誰も教えてくれなかった。

というような感じだった。

主人公にとっては、正常な状態でいることこそが大切であり、結婚や就職をしないと正常な状態でないのならそうした方がいいのだなというような感じだった。

正常な世界はとても強引だから、異物は静かに削除される。まっとうでない人間は処理されていく。

コンビニと同じで、正常でなければ削除されてしまう。

コンビニでは正常になれる主人公だが、外の世界では正常になれない主人公。

「いらっしゃいませ!」

私は生まれたばかりの甥っ子と出会った病院のガラスを思い出していた。

ガラスの向こうから、私とよく似た明るい声が響くのが聞こえる。

私の細胞全てが、ガラスの向こうから、私とよく似た明るい声が響くのが聞こえる。

私の細胞全てが、ガラスの向こうで響く音楽に呼応して、皮膚の中で蠢いているのをはっきりと感じていた。 

この最後の文で、主人公は完全にコンビニ人間になったんだなと思った。

社会に出て、就職して結婚、そして子供を産んで正常な世界で暮らす人。

主人公は、コンビニの中でしか正常な人間になれない。

コンビニを世話することが主人公にとっては子供を育てることなのかもしれない。

 

 

普通というものは、とてつもなく強い。

普通というものは、とても強いんだと思う。

普通というのは、どんなビジネスやシステムを作る上でも参考にされる部分だと思う。

もちろん、人間社会にもそれが適応されている。

なら普通に生きる。「普通の基準」を参考にして生きていくことがどれだけ大切かよくわかる。

もはや、「普通」という感覚を持つことこそ、人間社会を生きていく上で一番合理的な方法だとも思った。

 

 

まとめ

なんだか普通ってなんなんだろう。

そう思えた。

これ読んでる最中にカミュの異邦人みたいな作品なのかなとも思った。