妖怪しがっひの日記

日々の発見や趣味のことなど。

FXで大切だと思うこと。

FXを始めてから3ヶ月ぐらい経ちました。

FXで大切だと思うことについて書いてみます。

もちろんまだ勝ててない部類の人間ですがね。

勝ててはいないけど、身にしみて重要だなと思ったことや、FXを始める前に戻れるならこれをしておけばよかったなという後悔などについて書いておこうと思います。

 

 

低レバレッジ、低ロットで始める。 

まず、第一にFXを初めたばかりの人は、いきなり高レバレッジを掛けたり、高ロットで取引しないほうがいいです。

いろんな本やいろんな人が言っていることかもしれませんがこれは本当。

僕も後悔しました。

相場の知識や経験が何にもない状態で、いきなり大きく張るというのはとても不利です。

まずは、低ロット、低レバレッジで練習してから、徐々に増やしていくほうがいいと思います。

かと言ってデモトレードはあまりおすすめしません。

理由は、トレードにおいてメンタルが非常に重要だからです。

デモだとお金がかかっていない分、メンタル的な影響がないからです。

メンタルが本当に大切。

 

勝率にこだわりすぎない。

FXは、勝率にこだわりすぎるのは良くないと思う。

理由は、勝つか負けるかは50パーセント。決まっているから。

誰も未来のことはわからない。相場がどう動くかはわからない。

勝率にこだわりすぎてすぐに利益確定したり、なかなか損切りできないといった問題が起こりやすい。

基本的に、損切りは早め、利益はできるだけ伸ばすほうがいい。(損小利大)

これも本当に後悔しました。

コツコツ小さな利益を積んでいっても一回のトレードで損切りができず、結局ロスカットされて終了ということがありました。

 

 

絶対に勝てる手法は存在しない。

FXで絶対に勝てる手法なんてものはありません。

情報商材とか、有料セミナーを否定する訳ではありませんが、絶対に安定して勝つことができる手法はないと思います。

そもそも、相場はいつも動きます、いつも変わります。

地合いが変われば、手法も機能しなくなります。

なので、絶対に勝てる手法は存在しないのです。

あれば、誰でもお金持ちになれますね。

 

 

無理にポジションを持とうとしない。

これは巷でポジポジ病と言われている病気です。

エントリーするなら出来るだけ有利な位置で、有利な位置ではないのならそれまでポジションは持たない。

有利な位置は、相場とにらめっこを続けているとなんとなく見えてきます。

わかる場所だけ、期待値が高い場所だけエントリーする。

 

 

損切りをする。

もうこれ、どんな本にも書かれている当たり前なことなんですけどね、これ本当に重要なことだと思います。

すごいお金持ちな人でない限り、含み損に耐えるなんてほぼ無理です。

いつかは切らなければいけないんです。

元の価格まで戻ってくれる保証なんてないんです。

だったらこれ以上損失を出さないためにも損切りをするべきです。

切った後にまた考えればいい。

 

 

 

最後に

FXは、9割の人が負けると言われています。

普通に考えて上がるか下がるかの50パーセントなはずなのに。

9割が負けるなんておかしい。

確かにその通りなのですが、長い目で見たら多分、9割ぐらいの人は負けると思います。

FXはトータルで勝たなければ意味がないと思います。

短期的な勝ち負けよりも長い目でみて、今の自分のトレードは間違っていないかどうかの方が重要です。

まあ、僕はまだまだトータルで負けている人間なのですがね。笑

「まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ。」ジョージソロス。

 

 

バフェットとソロス 勝利の投資学

バフェットとソロス 勝利の投資学